MENU

結婚相談所のデメリット

婚活の手段として結婚相談所に登録する方もいらっしゃいますが、メリットだけでなくデメリットもあることを覚えておきましょう。

結婚相談所に登録するデメリットの一つが、登録してサービスを受けるのに費用負担が大きくなってしまう点です。婚活パーティーやイベントに参加するときにも参加費用がかかってくるのですが、自分が参加したときにだけ費用を払えばよいのでそれほど費用負担が大きくはありませんが、結婚相談所の場合は登録するときに入会金がかかりますし、登録してからも年会費などの諸費用がかかってきます。また結婚相談所からの紹介を通じて出会った方と結婚に至った場合、さらに成婚料として費用が徴収されるところもあります。そのため気軽に参加できる婚活パーティーやイベントと比較して、気軽に入会をするのは難しいのです。結婚相談所に入会したからといってすぐに良い相手と巡り合えるとも限りません。結婚相談所に入会している期間が長引いてしまうと、それだけ費用の負担も大きくなってしまうのです。

また結婚相談所選びを誤ってしまうと、婚活が上手くいかないこともあります。結婚相談所から期待していたサービスを受けられない、登録者の数は多いのになかなか理想とする相手と巡り合うことができないといったように、婚活が円滑に進まない事も出てきてしまいます。こういったデメリットを避けるためにも、結婚相談所を選ぶ時に事前によく調べる、比較を行って登録する相談所を慎重に選ぶ必要があるのです。

結婚相談所比較サイトへ

婚活で入会する結婚相談所

婚活で入会する結婚相談所を探しているなら、口コミやホームページに掲載されている情報を参考にすることも役立ってくれますが、実際に説明を聞きに行ってみるのが好ましいです。入会金などの初期費用から毎月の会費やパーティー参加時にかかる費用まで確かめておくのがふさわしいです。

成婚率の高さやスタッフの対応の良さや登録している会員数といったデータで判断してみるとわかりやすいですが、紹介してもらえる相手が多かったりと魅力的な点の多い結婚相談所に入会することできるとより積極的に婚活に取り組みやすくなってくれます。

大手から小さな規模で地域密着型になっているところまで幅広くなってきますが、婚活イベントの参加以外にもお見合いをセッティングしてくれたりとその相談所ごとに方針やサービスの内容も異なってくるものです。自分に合ったスタイルで婚活をスタートさせられる結婚相談所を探すのが確実になってくるわけですが、結婚できる可能性も高くなります。

『結婚相談所の比較をする』

VIO、デリケートゾーンの脱毛

美容意識が高まる昨今。VIOラインの脱毛が気になる女性は現代に多く、筆者もその一人です。とは言っても、毛の処理自体は気になるけど、VIOラインってどこ?という女性も少なくありません。その方たちのためにご紹介しますと、VIOラインとはデリケートな部分、つまり鼠蹊部周りの脱毛のことです。

Vラインは恥骨上部のヘアライン、下着で隠れる逆三角形の部分です。水着などからヘアがはみ出て恥ずかしい思いをした、という方はこのVラインを中心にした脱毛をお勧めします。 Iラインは女性器周辺のヘアラインです。医学的には動物的な毛ともいえ、衛生面を考えるとここの毛は真っ先に脱毛すべきです。ですが自力で脱毛しようとすると事故が起こりやすく、また逆剃りなどで女性器を傷つけてしまった経験のある方も多いです。自分で剃るのが特に難しい場所なので、こういった部分はプロにお任せするのが安全と言えます。

Oラインは肛門周りのヘアラインです。Iライン同様医学的には必要のない毛で、衛生面を考えればIラインと同じく取り除くべきムダ毛です。 さてここまでで何度も「ここの部分の毛は必要がない」と繰り返してきましたが、強く説得するには訳があります。筆者がまだ脱毛に関心がなかった頃「毛を抜くと二度と生えてこない」という噂に振り回され、しばらく脱毛をやめてしまった頃があります。それは今でこそ知識不足からくる恐怖だと分かりますが、その当時の自分にとっては大変なものでした。もしもこの部分から毛がなくなってしまったらどうなってしまうのか、ということがイマイチ理解できていなかったからです。なので、これから毛の処理を本格的にしようと考えているけど、今一歩怖くて踏み出せないと思っている方。大丈夫です。万一そこから毛が失われても、決して人体に支障が出ることはありません。なので、もしも迷っていたら思い切ってクリニックのドアを叩いてください。自力で行うと難しいことも、専門家の指導があれば想像以上に楽に完了することができます。

オススメは体に負担の少ないレーザーですが、最近ではブラジリアンワックスも流行っています。レーザーでの永久脱毛のようにずっと、というわけにはいきませんが、毛根から除去するためつるつるの状態が数週間続き、かつ角質ごと剥がすため処置後は肌がぴかぴかになります。リピーターには、この感覚が病みつきになって、という方が多いのです。かなり物理的な方法で行う施術ですが、アメリカではこの方法が一般的。日本国内の事情だけに目を向けるのではなく、海外事情に寄り添ったスタイルで美意識を高めてみてもいいかもしれません。

人気の脱毛サロン

債務整理の方法と特徴について

債務整理には、いくつの方法があるかご存知でしょうか。まず任意整理と自己破産があります。これらは債務整理の代表ともいえる方法で、任意整理は借金を一定の期間内で分割返済する方法、自己破産は裁判所に破産宣告をして、借金を帳消しにしてもらう方法です。

この2つは、いずれも弁護士や司法書士に頼んで手続きをしてもらいます。任意整理は定収入があり、あるいは車を売るなどして、返済できるだけのお金を確保できる人にお勧めです。そうでない場合は自己破産となります。自己破産の場合は官報に氏名が記載され、職業によっては一時的に停職となりますが、自分から言わない限り、他人にわかることはまずありません。

その他には個人再生や特定調停という方法もあります。個人再生とは特定のローン、特に住宅ローンを残したい場合に採る方法で、これも弁護士や司法書士に依頼しますが、収入額などで制約があります。特定調停は、弁護士や司法書士に依頼せず、自分で裁判所に申し立てをして、調停を通じて債権者と交渉し、返済金額を決めるものです。この特定調停は経費が掛からないのがメリットで、合意に達すると調書を作ってもらえますので、それに従って返済を行います。

債務整理の口コミ、評判

返済が厳しい借金問題を解決する債務整理

債務整理の中でも最も利用者が多いのが任意整理です。任意整理は、弁護士または司法書士が依頼を受けた債務者に代わり債権者に借金の減額交渉を行います。減額できる額は一概ではないですが、最大で今後の返済にかかる利息分の免除が可能です。複数の債権者を抱えている方は、整理する債権者を分けることもできます。また、過払い金の確認も行われるので、ここで過払い金が発生していると認められれば払い過ぎた利息分の返還がされるでしょう。

元金を大幅に減額するには

利息分のみではなく、元金の減額を希望するなら個人再生です。個人再生は、借金を100万円もしくは5分の1のいずれか多い方の金額まで減額し、残りの債務を原則3年間で完済することで、減額した元金の返済を免除してもらえます。大幅に借金を減額することができるので、返済の負担もかなり減らすことができるでしょう。手間はかかりますが、任意整理同様に債権者を分けて整理することができるので財産を失いたくない人に勧められています。

全ての借金を免除するには

任意整理や個人再生でも返済ができない人には自己破産です。財産を換金して債権者に均等に分配することを前提に、債権者が業者や個人に関わらず抱えているすべての借金を免除します。返済の必要が一切なくなるので生活の再スタートを切れるのが利点でしょう。ただし先述したように財産を失うことになるので、土地やマイホームなど守りたい資産がある場合にはおすすめできません。そういったものがない方にはかなりお得な債務整理となっています。

もっと詳しく>>自己破産の弁護士費用|手続きできないケースについて

まとめ

借金の返済が難しい場合は早急に債務整理を検討しましょう。債務者のための救済制度なので、債務者にとって有利な内容となっています。ただ、一口に債務整理といっても手段が異なるので、内容を理解し選択しなければなりません。